「ストーブリーグ」 一覧

ストーブリーグ vol.1

万年最下位のプロ野球チーム‘ドリームズ’は、またしても最下位でシーズンを終える。そんな中、責任を取って辞任したゼネラルマネージャーの代わりに新たに就任したのは、野球未経験で知識もない異色の経歴を持つペク・スンスだった。早速チームの改革に乗り出したスンスはスター選手であるイム・ドンギュをトレードに出すと言いだす。それを聞いた運営チーム長のイ・セヨンをはじめフロントスタッフは猛反発する。しかしチームの強化に成果を見せるスンスを次第に信頼しはじめるセヨンたち。

ストーブリーグ vol.2

万年最下位のプロ野球チーム‘ドリームズ’は、またしても最下位でシーズンを終える。そんな中、責任を取って辞任したゼネラルマネージャーの代わりに新たに就任したのは、野球未経験で知識もない異色の経歴を持つペク・スンスだった。早速チームの改革に乗り出したスンスはスター選手であるイム・ドンギュをトレードに出すと言いだす。それを聞いた運営チーム長のイ・セヨンをはじめフロントスタッフは猛反発する。しかしチームの強化に成果を見せるスンスを次第に信頼しはじめるセヨンたち。

ストーブリーグ vol.3

万年最下位のプロ野球チーム‘ドリームズ’は、またしても最下位でシーズンを終える。そんな中、責任を取って辞任したゼネラルマネージャーの代わりに新たに就任したのは、野球未経験で知識もない異色の経歴を持つペク・スンスだった。早速チームの改革に乗り出したスンスはスター選手であるイム・ドンギュをトレードに出すと言いだす。それを聞いた運営チーム長のイ・セヨンをはじめフロントスタッフは猛反発する。しかしチームの強化に成果を見せるスンスを次第に信頼しはじめるセヨンたち。

ストーブリーグ vol.4

万年最下位のプロ野球チーム‘ドリームズ’は、またしても最下位でシーズンを終える。そんな中、責任を取って辞任したゼネラルマネージャーの代わりに新たに就任したのは、野球未経験で知識もない異色の経歴を持つペク・スンスだった。早速チームの改革に乗り出したスンスはスター選手であるイム・ドンギュをトレードに出すと言いだす。それを聞いた運営チーム長のイ・セヨンをはじめフロントスタッフは猛反発する。しかしチームの強化に成果を見せるスンスを次第に信頼しはじめるセヨンたち。

ストーブリーグ vol.5

万年最下位のプロ野球チーム‘ドリームズ’は、またしても最下位でシーズンを終える。そんな中、責任を取って辞任したゼネラルマネージャーの代わりに新たに就任したのは、野球未経験で知識もない異色の経歴を持つペク・スンスだった。早速チームの改革に乗り出したスンスはスター選手であるイム・ドンギュをトレードに出すと言いだす。それを聞いた運営チーム長のイ・セヨンをはじめフロントスタッフは猛反発する。しかしチームの強化に成果を見せるスンスを次第に信頼しはじめるセヨンたち。

ストーブリーグ vol.6

万年最下位のプロ野球チーム‘ドリームズ’は、またしても最下位でシーズンを終える。そんな中、責任を取って辞任したゼネラルマネージャーの代わりに新たに就任したのは、野球未経験で知識もない異色の経歴を持つペク・スンスだった。早速チームの改革に乗り出したスンスはスター選手であるイム・ドンギュをトレードに出すと言いだす。それを聞いた運営チーム長のイ・セヨンをはじめフロントスタッフは猛反発する。しかしチームの強化に成果を見せるスンスを次第に信頼しはじめるセヨンたち。

ストーブリーグ vol.7

万年最下位のプロ野球チーム‘ドリームズ’は、またしても最下位でシーズンを終える。そんな中、責任を取って辞任したゼネラルマネージャーの代わりに新たに就任したのは、野球未経験で知識もない異色の経歴を持つペク・スンスだった。早速チームの改革に乗り出したスンスはスター選手であるイム・ドンギュをトレードに出すと言いだす。それを聞いた運営チーム長のイ・セヨンをはじめフロントスタッフは猛反発する。しかしチームの強化に成果を見せるスンスを次第に信頼しはじめるセヨンたち。

ストーブリーグ vol.8

万年最下位のプロ野球チーム‘ドリームズ’は、またしても最下位でシーズンを終える。そんな中、責任を取って辞任したゼネラルマネージャーの代わりに新たに就任したのは、野球未経験で知識もない異色の経歴を持つペク・スンスだった。早速チームの改革に乗り出したスンスはスター選手であるイム・ドンギュをトレードに出すと言いだす。それを聞いた運営チーム長のイ・セヨンをはじめフロントスタッフは猛反発する。しかしチームの強化に成果を見せるスンスを次第に信頼しはじめるセヨンたち。

ストーブリーグ vol.9

万年最下位のプロ野球チーム‘ドリームズ’は、またしても最下位でシーズンを終える。そんな中、責任を取って辞任したゼネラルマネージャーの代わりに新たに就任したのは、野球未経験で知識もない異色の経歴を持つペク・スンスだった。早速チームの改革に乗り出したスンスはスター選手であるイム・ドンギュをトレードに出すと言いだす。それを聞いた運営チーム長のイ・セヨンをはじめフロントスタッフは猛反発する。しかしチームの強化に成果を見せるスンスを次第に信頼しはじめるセヨンたち

ストーブリーグ vol.10

万年最下位のプロ野球チーム‘ドリームズ’は、またしても最下位でシーズンを終える。そんな中、責任を取って辞任したゼネラルマネージャーの代わりに新たに就任したのは、野球未経験で知識もない異色の経歴を持つペク・スンスだった。早速チームの改革に乗り出したスンスはスター選手であるイム・ドンギュをトレードに出すと言いだす。それを聞いた運営チーム長のイ・セヨンをはじめフロントスタッフは猛反発する。しかしチームの強化に成果を見せるスンスを次第に信頼しはじめるセヨンたち

Copyright© money.pe.hu , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

ツールバーへスキップ