大谷翔平選手の発言に残る疑問点—-違法賭博疑惑を巡る調査に全面協力するも

Estimated read time 1 min read

賭博疑惑が浮上

大リーグで活躍する大谷翔平選手が、長年信頼を寄せていた通訳の不正行為に巻き込まれる形で、違法賭博疑惑に直面しています。

「透明性と正義の追求」

法的・調査上の今後の展開

大谷選手はこの問題について、警察当局や大リーグ機構に全面的に協力することを明らかにしました。

「真実への道」

スポーツ界の倫理と透明性

この調査は、スポーツ界における違法賭博という問題への認識を高め、今後同様の問題を防ぐための対策やガイドラインが強化されることが期待されます。

「公正な競技のために」

大谷翔平選手の発言に残る疑問点

大谷翔平選手の発言に残る疑問点は主に次のようなものです:

  1. 水原氏が大谷選手の口座にアクセスできた方法:大谷選手は水原氏が自分の口座からブックメーカーへ送金したと説明していますが、具体的にどのようにして水原氏が口座へアクセスできたのか、また、このアクセスがどうして許可されていたのかについては詳細が語られていません。
  2. 巨額送金の発覚タイミングと認識:大谷選手の口座からブックメーカーへ約450万ドル(約6億8000万円)が送金されていたことが報じられていますが、この巨額の送金が行われている間、大谷選手がその事実に気づかなかった理由や、送金の発覚タイミングについての説明が不足しています。
  3. 資産管理の方法:大谷選手が自身の資産や口座をどのように管理していたのか、また、水原氏を含めた第三者が口座にアクセスできる状況にあったのかについての詳細が不明です。この点は、違法賭博問題への関与を否定する上で重要な要素となります。
  4. 水原氏の行動に気づかなかった理由:大谷選手と水原氏は長い間、密接な関係にありましたが、水原氏が違法賭博に関与していたことや、それに伴う金銭的な動きに大谷選手が全く気づかなかった理由については明確に語られていません。
  5. 水原氏の主張の変遷:水原氏は当初、大谷選手が送金を行ったことについての詳細を語っていましたが、その後、これらの主張を撤回しました。この主張の変遷や撤回の理由についての説明がなされていません。
  6. 法的・調査上の今後の展開:大谷選手は進行中の調査に全面的に協力する意向を示していますが、警察当局や大リーグ機構による今後の調査でどのような点が明らかにされ、どのような結論に至るかについては現時点では不透明です。

以上の点が、大谷選手の発言において残された主な疑問点として挙げられます。これらの疑問に対する答えは、進行中の調査や今後の報道によって明らかにされる可能性があります。

 

水原氏が大谷選手の口座にアクセスできた方法

水原氏が大谷翔平選手の口座にアクセスできた方法と、そのアクセスがどうして許可されていたのか、という点は、この賭博問題において最も注目される部分の一つです。この問題は、個人の資産管理や信頼関係、そしてセキュリティの側面からも重要な意味を持ちます。

大谷選手と水原氏の関係性を考える際、通訳としての彼の役割は、単に言葉を翻訳することだけではなく、選手の日常生活やプロとしての活動をサポートすることにも及んでいたと推測されます。スポーツ界では、特に海外で活躍する選手が言語や文化の壁に直面することがあり、信頼できる通訳は選手にとって不可欠な存在になり得ます。このような背景の中で、水原氏が大谷選手の個人的な口座にアクセスできたのは、大谷選手が日常的な取引や管理の便宜を図るため、限定的なアクセス権を与えていた可能性が考えられます。

しかし、この信頼関係がどのようにして誤用されたのか、具体的に水原氏がどのような手段で口座にアクセスし、そしてなぜ大谷選手がそのアクセスを許可していたのかについては、公にされている情報からは明らかではありません。大谷選手の口座から巨額が送金されていたという事実が発覚した背景には、複数の要素が絡み合っている可能性があります。

  1. アクセスの方法: 金融機関のオンラインサービスを利用している場合、口座にアクセスするためには、ログインIDとパスワード、場合によっては追加の認証手段が必要になります。水原氏がこれらの情報をどのようにして入手したのか、あるいは大谷選手から直接、あるいは間接的に情報が提供されていたのか、その方法については詳細が不明です。
  2. アクセスの許可: 信頼関係に基づき、日常的な取引や管理を助ける目的でアクセス権が与えられていた可能性があります。しかし、そのような許可がどの範囲で、どのような形式で与えられていたのかは、外部からは判断が難しい部分です。口座のアクセス許可は通常、極めて慎重に行われるべきであり、その許可の範囲や条件についても明確にされるべきです。

この事件において、資産管理やセキュリティの観点からの教訓もあります。特に公の立場にある個人は、個人的な資産や情報へのアクセスを他人に許可する際には、その範囲と条件を厳格に管理し、可能な限り安全な手段を講じる必要があります。また、定期的な口座の監査や確認を行い、不審な取引があった場合には迅速に対応できる体制を整えることが重要です。

さらに、この件はプライバシーとセキュリティの教育の重要性を示しています。個人が自身の資産や情報を守るためには、基本的なセキュリティ対策の知識と、信頼できる人物との情報共有の範囲を明確にする必要があります。特に、公の立場にある人物は、私生活と職業生活の間で情報をどのように管理し分けるかについて、より慎重な判断が求められます。

この問題における最大の疑問点は、水原氏が大谷選手の口座にアクセスし、巨額の送金を行うに至った経緯と動機です。これには、単に信頼関係の誤用だけでなく、適切な監督や管理体制の不備があった可能性も示唆されます。今後、調査によって明らかになる情報は、個人のセキュリティ管理に関する貴重な洞察を提供することになるでしょう。

結局のところ、この問題は、高い信頼を置いていた人物による重大な裏切りと見ることができます。大谷選手にとっては、個人的な資産管理とプライバシー保護の方法を見直す機会となり、公には個人のセキュリティとプライバシーを守るための教訓を提供しています。今後、大谷選手とそのチームがどのように対応し、同様の問題を未然に防ぐための措置を講じるかが注目されます。

巨額送金の発覚タイミングと認識

大谷翔平選手の口座からブックメーカーへと送金された約450万ドル(約6億8000万円)という巨額の資金移動が発覚したことは、多くの人々に衝撃を与えました。一般的に、このような大金が動く場合、それに伴う明確な記録や通知が存在するものです。しかし、大谷選手がこの送金に気づかなかったとされる理由や、この事実がいかにして発覚したのかについての詳細は、公にされている情報では不明確なままです。この状況を深く探求するには、プロスポーツ選手の資産管理の実態、金融取引の監視体制、そして情報の公開タイミングに関する一般的な原則を考慮する必要があります。

プロスポーツ選手の資産管理

プロスポーツ選手、特に海外で活躍する日本人選手は、その収入や資産の管理に特別な注意を払う必要があります。彼らは高額な報酬を得る一方で、日常的な金融取引や資産管理に関しては、専門家や信頼できるスタッフに依存することが多いです。大谷選手の場合、通訳である水原氏が資産管理に関与していたことが問題となっていますが、これはスポーツ選手が遭遇しうるリスクの一例を示しています。

金融取引の監視体制

現代の金融システムでは、特に大規模な取引については、その発生をリアルタイムで監視し、関係者に通知するシステムが整っています。これには、不正アクセスや不審な取引を検知するセキュリティプロトコルも含まれます。しかし、大谷選手の口座からの巨額送金がいかにして見過ごされたのか、あるいは気づかなかったのかについては、資産管理や監視体制の欠如が指摘されます。この点については、プライバシーの観点から公開されている情報が限られている可能性もあります。

情報の公開タイミング

巨額送金の発覚が報じられたタイミングは、メディアの報道や調査機関の発表によって決まります。このケースでは、アメリカの国税当局が捜査を開始し、その情報が公になったことで、初めて大谷選手自身も含めて外部の関係者が事態を認識したと考えられます。このプロセスは、不正行為が疑われる場合の一般的な流れと一致しますが、なぜ大谷選手や彼の資産管理チームが事前にこの送金に気づかなかったのか、その理由は明らかにされていません。

結論

大谷選手の口座からの巨額送金についての発覚タイミングと認識に関する疑問は、プロアスリートとしての彼の資産管理プロセスにおける潜在的な弱点を浮き彫りにしています。この事案は、高額な取引が行われる際における監視体制の重要性、さらには関係者による即時の対応能力について、重要な示唆を与えています。

プロスポーツ選手が直面する可能性のある金融リスクとそれに対応するセーフガードの必要性を考える際、大谷選手のケースは顕著な一例となり得ます。この事例から学べることは、資産管理における透明性の確保と、信頼できる管理者との間で明確なコミュニケーションラインを確立することの重要性です。また、大規模な金融取引が関与する場合、これらの取引の監視と報告には特に注意が必要であり、これには高度な金融知識とセキュリティ意識が求められます。

さらに、この事案はメディアと公衆の間で情報がどのように共有されるか、そしてそのタイミングが個人の名声やキャリアにどのような影響を及ぼすかという点についても、重要な視点を提供します。特に、誤解を招く可能性のある情報や未確認の報道が広まるリスクは、公の人物であればなおさらのこと、慎重な扱いを要します。

結論として、大谷翔平選手の口座からの巨額送金の発覚とその認識の遅れは、スポーツ界における金融管理の複雑さと、プライバシー保護と公共の利益の間でのバランスを求める現代社会の課題を象徴しています。この事件から学ぶべき教訓は多く、特にプロアスリートや公の人物は、自らの資産と名声を守るために、どのような予防措置を講じ、どのような監視体制を整えるべきか、改めて考えさせられる事態と言えるでしょう。

 

資産管理の方法

資産管理の方法は、特に公の人物やプロアスリートのように、高額の収入を得る人々にとって極めて重要なテーマです。大谷翔平選手のケースでは、彼の資産や口座をどのように管理していたのか、そしてなぜ水原氏のような第三者がその口座にアクセスできる状況にあったのか、という点が特に注目されます。この事例から考察できるのは、プロアスリートが直面する資産管理の課題と、それに対する効果的な対策です。

プロアスリートにおける資産管理の課題

  1. 高額収入とその管理: プロアスリートは通常、一般の職業と比較してはるかに高い収入を得ます。しかし、そのキャリアは比較的短期間であり、高額な収入を安定して確保できる期間も限られています。そのため、彼らが得る収入をいかに効果的に管理し、将来にわたって安定した生活を確保できるかが重要な課題となります。
  2. 第三者による資産管理のリスク: 専門知識が必要な金融管理を理由に、多くのプロアスリートは資産管理を第三者に委託します。しかし、これは監督不足や信頼を置いた第三者による誤用のリスクを生む可能性があります。特に、個人の資産や口座へのアクセス権を持つ人物が不正行為に走ることは、重大な経済的損失を引き起こすだけでなく、アスリートの公的イメージにも影響を及ぼす可能性があります。

効果的な資産管理のための対策

  1. 透明性の確保: 資産管理において透明性を確保することは、不正行為を防ぐ上で極めて重要です。定期的な報告やレビューを実施し、資産の状況を把握する体制を整える必要があります。
  2. アクセス権限の厳格な管理: 口座や資産へのアクセス権を持つ人物は厳選し、その権限の範囲も限定するべきです。不必要なアクセス権は排除し、必要最小限に留めることが重要です。
  3. 独立した監査の実施: 第三者による資産管理を委託する場合でも、定期的に独立した監査を行うことで、管理状況を客観的に評価することが可能になります。
  4. 教育と意識の向上: 資産管理に関する基本的な知識と意識を高めることも、不正行為を未然に防ぐ上で有効です。プロアスリート自身が金融知識を身につけ、自らの資産状況について積極的に関与することが望ましいです。

大谷選手の事例から明らかになるように、資産管理の方法と、その中で第三者による口座アクセスが可能だった状況は、大谷翔平選手の違法賭博問題への関与を否定する上で、確かに重要な要素となります。プロスポーツ選手の資産管理は、彼らのキャリアと直接結びついており、この管理方法がどのように行われていたのか、そしてどのようなセキュリティ措置が講じられていたのかは、公の関心事となることがあります。

資産管理の一般的なアプローチ

プロスポーツ選手や高収入を得る個人は通常、複雑な財務状況を持っており、その管理には専門的な知識が必要です。一般に、資産管理は以下の方法で行われることが多いです:

  • 専門家の雇用:会計士、財務アドバイザー、または資産管理会社の利用。
  • 信託口座の設置:資産を保護し、管理を第三者に委託する方法。
  • 複数の銀行口座の利用:資産の分散管理によりリスクを低減。
  • 定期的な監査:不正な取引や不審な活動を検出するための定期的なチェック。

第三者によるアクセスのリスクと対策

大谷選手のケースで指摘されたように、信頼できる第三者であっても、彼らに対する監視と管理の仕組みは重要です。第三者による口座アクセスを許可する場合、以下の対策を講じることが推奨されます:

  • アクセス権の限定:必要最小限の操作のみを許可し、それ以外の取引には本人の承認が必要とする。
  • 二段階認証の利用:金融取引の際に、本人確認のための追加の認証ステップを設ける。
  • 定期的な取引履歴の確認:不正取引を早期に発見するため、定期的に取引履歴をチェックする。
  • 契約書の作成:第三者との間で契約書を作成し、その権限と責任範囲を明確に定義する。

大谷選手の資産管理方法の詳細

大谷選手の資産管理における具体的な方法やセキュリティ措置についての情報は公開されていませんが、プロアスリートとして彼が直面するリスクを考慮すると、上記のような管理方法やセキュリティ対策が検討される可能性があります。特に、大谷選手の場合は国際的な活動が多いため、さらに複雑な資産管理が求められるでしょう。

大谷翔平選手の資産管理方法と第三者、特に水原氏が彼の口座にアクセスできた状況についての詳細は、公にはされていないものの、違法賭博問題への関与を否定する上で非常に重要な要素です。この問題において、資産管理の透明性と安全性は、個人の信頼性と直接関連しています。ここでは、資産管理の一般的なプラクティスと、プロスポーツ選手が直面する特有のリスクを考慮しつつ、この状況を深く探求してみましょう。

資産管理の基本

一般的に、個人資産の管理には、銀行口座の運用、投資の決定、日常の財務計画などが含まれます。これらの活動は、個人が直接行うか、または金融アドバイザーや資産管理会社などの専門家に委託します。プロスポーツ選手の場合、高額な収入と複雑な税務要件を考慮して、専門家による資産管理が一般的です。

プロスポーツ選手の資産管理の特徴

プロスポーツ選手は通常、キャリア期間中に通常の職業よりも多くの収入を得ますが、そのキャリアは短いことが多いです。そのため、収入の管理と将来の財務計画には特に注意が必要です。また、海外で活躍する選手は、異なる国の法律や税制に対応するため、更なる専門知識が求められます。これらの要因から、信頼できる管理者や通訳に重要な財務関連のタスクを委ねることがあります。

第三者のアクセス

大谷選手のケースでは、通訳である水原氏が口座にアクセスできた状況が重要な焦点となっています。通常、第三者が個人の銀行口座にアクセスするためには、口座所有者からの明示的な許可や、法的な権限が必要です。これには、委任状や共同口座の設定などが含まれます。しかし、このようなアクセス権は、大きな信頼を基に与えられるものであり、その使用は厳格に制限されるべきです。

資産管理と信頼の問題

資産管理においては、信頼と透明性が不可欠です。管理者が口座にアクセスする場合、その目的と使用範囲は明確に定義され、定期的な監査によって確認されるべきです。不幸にして、この信頼が裏切られた場合、金融的損害だけでなく、個人の信用にも重大な影響を与えかねません。

結論

大谷選手と水原氏のケースは、資産管理におけるリスクとその対策の重要性を浮き彫りにします。この問題は、個人が自身の資産をどのように保護し、管理すべきかという点に関して、特に公の人物や大きな財産を持つ個人にとって重要な教訓を提供しています。正確な監視体制の構築、信頼できる人物との関係の明確な定義、そして何よりも自身の財務状況に対する積極的な関与が必要です。特に、第三者による資産管理や口座アクセスを許可する際には、その範囲を厳密に限定し、定期的なレビューを行うことが重要です。

また、大谷選手の事例からは、金融取引の監視とセキュリティに関する現代技術の重要性も浮かび上がります。オンラインバンキングやアプリを通じたアカウント管理は便利ですが、同時にセキュリティの脆弱性を露呈することもあります。そのため、強力なパスワードの設定、二段階認証の利用、そして定期的な口座の確認が不正アクセスや不審な取引を防ぐ上で不可欠です。

この事例が示すように、プライバシーとセキュリティは現代社会において極めて価値の高い資産です。その保護には、個人の警戒心と適切な予防措置が必要です。プロスポーツ選手や公の立場の人物は特に、自身の財務状況と名声を守るために、これらの側面に対して十分な注意を払う必要があります。

最後に、大谷選手のケースは、適切な資産管理とセキュリティ対策が複雑な財務状況においていかに重要であるか、そしてこれらがどのように個人の信頼性と直接結びついているかを改めて世に問いかけています。今後、このような問題を未然に防ぐためには、技術的な対策だけでなく、人間関係における信頼の構築と維持が鍵となるでしょう。

 

水原氏の行動に気づかなかった理由

大谷翔平選手と水原一平氏との間に長年にわたって築かれた信頼関係がありながら、水原氏の違法賭博への関与やそれに伴う金銭的な動きに大谷選手が気づかなかった理由は、複数の要因によって説明される可能性があります。この状況を理解するためには、プロアスリートの生活環境、資産管理の実践、そして人間関係における信頼の心理学を探求する必要があります。

プロアスリートの生活環境

プロアスリート、特に世界的に活躍する選手は、厳しいトレーニングスケジュール、試合、旅行、メディアへの露出などに追われる生活を送っています。このような忙しさは、自らの財務状況に対して日々細かく注意を払うことを難しくすることがあります。したがって、信頼できるスタッフや専門家に自分の財務管理を委ねることが一般的です。大谷選手が水原氏に一定程度の財務操作を許可していた場合、これは業界内で珍しいことではありません。

資産管理の実践

プロアスリートは、複数の口座、投資、そして異なる国々での税務義務を管理する必要があるため、複雑な財務構造を持つことがよくあります。そのため、すべての金銭的な動きを常に把握することは困難です。特に大規模な資産を持つ個人の場合、不審な取引があってもそれが即座には明らかにならないことがあります。水原氏の行動がすぐには発覚しなかったのも、このような理由からかもしれません。

人間関係における信頼の心理学

長年にわたって築かれた人間関係では、特に密接な協力関係にある場合、相手への信頼が盲信に変わることがあります。これは、相手を疑う理由を見つけるよりも、その行動を正当化しようとする心理的傾向が働くためです。大谷選手が水原氏の行動に気づかなかったのは、日々の業務で深い信頼関係を築いていたことが、疑問を持つことを難しくしていた可能性があります。

結論

大谷選手が水原氏の違法賭博に関わる行動や金銭的な動きに気づかなかった理由は、プロアスリートの生活環境、資産管理の複雑さ、そして人間関係における深い信頼という要因が組み合わさっている可能性が高いです。この事例は、プロアスリートやその他の公人が直面する可能性のあるリスクと、それに対処するために必要な透明性と監視体制の重要性を浮き彫りにします。また、信頼できると思われる人物でも、その行動に注意深く目を光らせる必要があることを示唆しています。このような状況を防ぐためには、資産管理に関する明確なガイドラインの設定、定期的な監査、そして金融活動に関する透明性の確保が重要です。

最終的に、大谷選手の経験は、他のプロアスリートや公的な人物にとっても、自らの資産と信頼関係を守るための重要な教訓となり得ます。信頼は人間関係を築く上で不可欠な要素ですが、それが財務管理における監視の緩和を意味するわけではありません。適切なチェックとバランスのメカニズムを確立することで、信頼と安全性の両方を確保することが、特に高額な資産を管理する場合の鍵となります。

水原氏の主張の変遷

水原氏の主張の変遷とその撤回は、大谷翔平選手を巡る違法賭博問題において、特に注目される点です。当初の主張から撤回に至るまでの経緯とその背後にある動機や理由は公には明らかにされていませんが、このような変遷が生じる可能性のある心理的、社会的要因を探求することで、より深い理解を試みることができます。

社会的圧力と公的イメージ

公的な人物やメディアに注目される事件において、当事者の発言はしばしば様々な社会的圧力の下で行われます。初期の段階での主張が後に撤回される一因として、公的イメージへの影響や社会的評価の変化が考えられます。水原氏が当初の主張を行った後、周囲の反応や潜在的な法的責任、そしてメディアや公衆からの圧力を受け、その主張を再評価した可能性があります。

法的アドバイスと戦略

法的な問題が絡む事件において、当事者の発言は法的代表者のアドバイスに基づいて調整されることがあります。水原氏が初期に行った主張を後に撤回した背景には、法的代表者からのアドバイスや、法的戦略の再検討が影響している可能性が考えられます。特に、事件の法的な側面が明らかになり、その影響を最小限に抑えるための戦略が立てられた結果、主張の変更や撤回が行われたと推測することができます。

心理的要因と人間関係

人間の心理や、当事者間の人間関係も、発言の変更や撤回に影響を与える重要な要因です。水原氏と大谷選手の間の関係性、信頼関係の変化、または罪悪感や責任感のような内面的な変化が、主張の変遷に寄与している可能性があります。個人が置かれた状況や感情の変化によって、当初の発言からの逸脱が生じることは、心理学的にも理解される現象です。

結論

水原氏の主張の変遷とその撤回は、多層的な要因によって説明される可能性があります。社会的圧力、法的アドバイス、心理的要因、そして人間関係の変化などが複雑に絡み合い、公にされた主張の変更を促した可能性が考えられます。この事件における具体的な動機や理由は明らかにされていませんが、類似の状況における人間行動の理解を深める手がかりを提供しています。

法的・調査上の今後の展開

大谷翔平選手の関与が疑われる違法賭博問題に関する法的および調査上の今後の展開は、多くの関心を集めています。大谷選手が進行中の調査に全面的に協力する意向を示している中、この調査がどのように進行し、最終的にどのような結論に至るかは注目されています。この段階では、具体的な結果を予測することは難しいものの、一般的にこうしたケースで考えられる法的および調査プロセスについて探求してみましょう。

法的プロセス

  1. 捜査の開始: 警察当局や大リーグ機構などの関連機関が、違法賭博への関与の疑いに基づき捜査を開始します。この段階では、関係者への聞き取り調査や関連する財務記録の検証が行われる可能性があります。
  2. 証拠の収集: 捜査過程で、違法賭博に関連する証拠が収集されます。これには、銀行取引記録、通信記録、目撃者の証言などが含まれることがあります。
  3. 法的措置: 捜査によって十分な証拠が得られた場合、関与が疑われる個人に対して法的措置が取られる可能性があります。これは、告発や起訴につながることがあります。
  4. 審理と判決: 法的措置が取られた場合、裁判所での審理が行われ、最終的に判決が下されます。この過程では、両当事者からの証拠提出や証言が求められます。

調査上の展開

  1. 透明性の確保: 調査の過程で、関連するすべての事実が明らかにされることが重要です。大谷選手が協力的であることは、このプロセスにおいて透明性を確保する上で役立つでしょう。
  2. 調査結果の公表: 捜査が完了した後、調査結果が公表されることが期待されます。これには、違法賭博への関与があったかどうか、および関与が確認された場合の関係者の特定などが含まれます。
  3. 影響の評価: 調査結果に基づき、大谷選手やその他の関係者に対する影響が評価されます。これには、法的な影響のほか、評判やキャリアに対する影響も含まれることがあります。

結論

大谷選手に関する違法賭博問題の法的および調査上の展開は、現時点では多くの不確実性を含んでいます。しかし、進行中の調査に対する大谷選手の全面的な協力は、事実の究明とプロセスの透明性を確保する上で重要な役割を果たすでしょう。最終的に、この調査は違法賭博の疑いがある行為の真相を解明し、関係者に対する適切な措置を決定するための基盤となります。重要なのは、調査が公平かつ公正に行われ、結果がすべての関係者にとって公正なものであることを確保することです。

このプロセスを通じて、スポーツ界全体における違法賭博という問題への認識が高まり、今後同様の問題を防ぐための対策やガイドラインが強化される可能性もあります。また、この事案は他のプロアスリートや公的人物にとっても、自己の行動が公の目にさらされ、潜在的な法的責任につながる可能性があることを思い出させる警鐘となるかもしれません。

最終的に、大谷選手が進行中の調査に全面的に協力することで、事実が明らかにされ、正義が実現されることを願います。そして、このケースがスポーツ界における倫理と透明性を促進するきっかけとなり、他の選手やスポーツ関係者に対しても前向きな影響を与えることを期待しましょう。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バッドパパ DVD-BOX1 [ チャン・ヒョク ]
価格:10,560円(税込、送料無料) (2024/3/27時点)

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

紙の爆弾 2016年 5月号【電子書籍】
価格:540円 (2024/3/27時点)

楽天で購入

 

 

 

 115 total views,  1 views today

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours